忍の里紹介

忍の里について

事業内容

業務用野菜 生産・販売

業務用の野菜、レタス、リーフレタス、小松菜、水菜、ネギなどを生産・販売しています。
 

種子販売

商品開発され実用化したオリジナルブランド「名張交配種」を 日本国内に展開しています。
新しい産地作りや技術指導(土壌分析・栽培方法など)
農業経営の分析指導、流通情報の提供と多岐にわたり地域特性を活かした
キメ細やかな営業活動を展開しています。
植物は気象条件・土壌条件により、いろいろな問題を 引き起こします。
その原因を追究し、お客様と共に考え、効果的な対策の指導を
共に歩んで行くことが大切な仕事となっています。
 

研究開発部門

消費者・需要者・生産者のそれぞれの立場からの視点に立って考え
多様化するニーズに応える野菜の新品種を創り出しています。
発表・販売以来、国内産地で栽培され初めている 「名張交配種・忍まる」を足がかりに
現在メロン・スイカの新品種開発に力を注いでいます。
生産開発部門では、商品として完成された品種のタネを 生産採取しています。
採取地としては、近年海外採取の比重の割合が多くなっていますが
目の届く日本国内にこだわって意欲的に生産活動を展開して 高品質なタネの供給に努めております。
品質管理においては、栽培者や消費者の皆様の厳しい目にかなうように
細部にわたって徹底して行い お客様に安心して使って頂ける努めております。

忍の里 歴史

2015年

業務用野菜 生産・販売

2011年

果菜類F1「忍たま」発売

2009年

初めて果菜類F1かぼちゃ「忍まる」発売

2007年

個人経営を法人組織に改め 農事組合法人 忍の里を設立